スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

Eternity:別れ

もう何年も会っていない幼馴染がいる
その幼馴染のお母さんが亡くなったそうだ
とりにとっての幼馴染の母=とりの母の知人でもある

とりの母は、新聞朝刊のお悔み欄は欠かさずチェックする人だ
何らかの都合で知人が亡くなった際の連絡が入らなかった場合のためだ

ところが、「偶然朝刊を見逃した」その日の新聞に、その知らせは載っていた

とりも今日家に帰って、愕然とした
愕然とはしたが、なぜか冷静に、自分に立場を置き換えてみた

とりは母子家庭である
母親が亡くなれば、残る家族は居ない・・・いや、猫が2匹である
いざ、いきなり母親が亡くなり、喪主を務め、葬式を出し・・・
それが自分に取り仕切れるだろうか

と、考えると頭の中が真っ白になった・・・きっととりにはできないだろう

幼馴染も、同い年ながらまだ結婚はしておらず、3人姉妹だが、一人で住んでいる
長女であり、我が家と同じく母子家庭であるため、喪主を務めることになっている

謹んで、ご冥福をお祈りいたします

合掌
スポンサーサイト
 
 

コメント

案外何とかなるもんですよ
とその立場の人がボソっと。

不安ならベルコ等互助会に入っておくと
万が一の時は全部やってくれます。
その分割高だけど安心。
身近に葬儀をやったことある人がいるなら、いざという時の助っ人を頼んでおくと良い感じです。
そして一応、生前に略歴聞いておくと良いです。(どこで生まれたとか)

互助会はすでにー
親兄弟は多いので、そこら辺はちょっとだけ心強く

でもやっぱ、想像はできないなぁ

めちゃめちゃ久しぶりに手繰ってみたので足跡をば残しておこう。
うちも12年程前に母は他界してるので親父さん一人暮らし。
一昨年の夏には癌で入院してたし、そういうことは話もしたなぁ。
ベルコ入ってるよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toriblog3rd.blog90.fc2.com/tb.php/9-6677568c

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。